ゴルフ練習場の選ぶポイントとは

ゴルフでも体を鍛えることは必須です。体の全体を使うスポーツでもありますから、鍛えられるところはすべて鍛えるべきです。

しかし、それと同様の練習が必要になります。コースに回ることもよいですがやはり手軽に出来ることはゴルフ練習場に行くことです。

所謂、打ちっぱなしというところです。ボールをセットして、打つだけのところです。

それでもとにかく、ボールを打てる機会を作るのがゴルフではとても大事になりますから、積極的に通うことです。小さいところでは駄目です。

選ぶ時のポイントは少しでも広いところであり、できれば一回がよいです。そうすればどのように打球が飛んだのか、と言うのが判断できます。

小さな練習場ではどうしてもボールがスライスしたのかフックしたのか、というのが判断できないからです。

そのあたりの微調整をすることができる練習場を選ぶことです。但し、そのようなところは高くなっていることが殆どです。

階数があるところでは当然ながら一階が最も高いわけですし、費用的にはとても辛くなります。

それでも元々、ゴルフというのはお金がとても掛かるスポーツである、というのは当たり前ですし、多少は負担が大きくなってもしっかりとした練習場にいったほうがよいです。

そうすれば少しでも技術の向上に役に立てるようになります。

ゴルフはどうしてもお金がかかってしまうスポーツになっていますが、それでも生涯スポーツとして人気がありますし、お勧め出来る要素も強いです。

良い練習場を見つけて、馴染みとなって、鍛えてみることです。体を鍛えることも忘れないことです。

技術も大事ですが、実際問題として体力も重要な要素の一つです。打ちっぱなしだけでは体力は付かないです。

ゴルフのラウンドマナーで注意すること

ゴルフは紳士のスポーツということで本来はマナーに関しては非常に厳しいということはいうまでもありません。

しかし、一昔前と違い、良い面でもあり、悪い面でもありカジュアル化が進み、ラウンドのマナーに関しても乱れがちであることは残念な面であります。

では、一昔前ほど厳しくなくとも最低限、守るべきラウンドマナーはどういったところになるでしょうか。いくつかご紹介したいと思います。

まずはスピードです。どうしてもゴルフはラウンドをする人数が多いと混みがちです。せめて、ラウンドの間と間、迅速に動く、またはラウンド中に複数のクラブを持ち歩くという最低限のマナーは必要です。

そして、次はグリーン上のマナーです。当たり前ですがグリーン上は走らない、靴をひきずらない、そしてボールマークはきちんと直すということ。

プレイに際してはこのスピードアップとグリーン上のマナーをしっかり守るようにしましょう。そして、次はラウンドだけではなく、来場時のドレスコードです。日本のゴルフ場では来場に際してはもちろんのことですがGパンはNGでブレザー着用です。

最低限、ここだけはしっかり守りましょう。そして、ラウンド。細かいことは抜きにしても安全を考えて帽子はかぶりましょう。

そして、最近のゴルフ場はあまりにも夏場のプレイは健康上、厳しいので周囲やゴルフ場に迷惑にならないように水分補給などもきちんとしましょう。

こちらは違った意味でラウンドマナーということにつながるのかもしれません。いずれにしても、まずはゴルフを始める方にアドバイスするのであれば、こうしたマナーをはじめとしたルールをしっかりと学びながら練習を行うことをぜひともおすすめしたい次第です。

ゴルフクラブを選ぶポイントについて

ゴルフと言うのは、メンタルが重要なスポーツであるとされています。

非常に競技時間が長いですから、それは当然のことです。更に言うのであれば、力よりも技術のほうが重要視されるスポーツでもあります。

10cmのパットも300ヤードのドライバーショットも1打であるからです。

出来るだけ、寄せて、沈める、と言うことができるようになるのが大事です。

飛ばすことに意識が集中する人がいますが、1打は1打であり、総合的な力こそ、ゴルフには必要であると理解しておくべきです。

そこで重要になってくる要素の一つがゴルフクラブです。これをしっかりと自分の体に合わせて作るようになりますと飛距離もよくなりますし、扱いが簡単になります。

ポイントとしては、長さがあります。

基本的にどんなクラブでも長ければよく飛ぶようになります。

普通のゴルフクラブより断然飛距離が出る高反発ドライバーも、シャフトが長めに作ってあります。それ以外の点でも飛ぶ工夫が様々盛り込まれていますが、詳細は

http://xn--v8j7d0fwflb2kpfr779f.net

こちらのサイトなどで確認するとよいでしょう。

これは遠心力的に間違いないことであり、だからこそプロはかなり長いクラブを使っています。

 

但し、それが素人にもよいのか、というと別問題であり、あえてやや短いクラブを使うことによって扱いやすさを重視している、という人もいます。

 

こうした妥協が出来る人は上手くなる素質があります。運動能力も大事ではありますがゴルフはポイントをいかに抑えるのか、と言うのが重要であるからです。

 

既製品のクラブでも実は短くすることはかなり容易に出来るようになっています。

 

キチンとしたショップで買えば、加工してくれますし、グリップなどにも拘ることができます。

 

道具がすべてとは言いませんが、道具で左右されることには注意したほうが良いに決まっています。

 

ゴルフクラブの選び方のポイントは飛距離を意識して長いのを選ぶのではなく、あえて扱いやすい短いクラブにすることです。