ゴルフ場予約の方法について考える

ゴルフ場を予約するに当たって、いろいろな選択ポイントがあります。最近ではインターネットのゴルフ場予約が一般的になり、ゴルフ場の間にでなければ予約ができないと言う事はなくなりました。それだけゴルフは一般大衆化して良いと言うことだと思います。ではこのゴルフ場予約にはどういったポイントがあるのでしょうか。基本的にはインターネット予約をベースとすべきだと思います。インターネットのプランもたくさんのゴルフ場から出ており、4人が揃わなくてもツーサムでもプレイができるプランもたくさん出ています。さらにゴルフ場からはコンペの案内やコース情報もたくさんインターネットを通じて出ています。ゴルフ場を探すときに参考となる口コミ情報も豊富に出ていますので参考にすれば良いと思います。さらに最近では、コースのレイアウトを写真で分かりやすく示してくれているので事前のイメージトレーニングもしやすい形になっています。インターネット予約を行うことでポイントが付加され、ポイントが貯まるとお得な予約ができる形になります。また、どうしても同伴者が集まらない場合のためにインターネットでの1人予約も最近では非常に盛んになっています。ゴルフ場年も平日の予約を増やすためにこうした1人予約を組み合わせて予約を埋めるプランがどんどん一般的になりつつあります。もちろん、ゴルフ場の適正によってはこうしたカジュアルなプランも適用されないところもあります。まずはインターネットでゴルフ予約が出来るサイトを探すところからスタートしましょう。きっとこれまでとは違った予約の、楽しみが生まれてくるはずです。自分好みのゴルフ場をインターネットでさがしましょう。

ゴルフのマナー順守について

ゴルフに関しては伝統的に紳士のスポーツということでマナーが大事なスポーツになっています。もちろん、ハワイやオーストラリアといったリゾート地でのプレイに関してはある程度融通が利いてもよいとは思いますが。もちろん、時代とともに少しずつこうしたマナーは変わっていく部分があってもいいと思います。しかし、間違いなく変わってはならないものがあります。例えば、来場時のジャケット着用です。ゴルフ場の雰囲気を壊すことのない洋服できちんと来場することが何よりもポイントになります。ゴルフはプレイは別にしても異空間の楽しみといてある程度は敬意を払うスポーツであるべきなのです。次にラウンド時のマナーです。洋服に関しては前述のリゾート地でのプレイ以外は基本的なルールは守りましょう。これはたんン位マナーの問題だけではなく、危険を防ぐためという意味合いも込めてです。そして、ゴルフ場そのものをきれいに保つという意味もあります。グラウンドコンディションを常にベストに保ってくれるスタッフの方々の努力に報いるためにもグリーン上のディボット修正などは最低限直すようにしましょう。そして、後続の組などに迷惑をかけないこともスポーツマンとして最低限守るべきです。ですから、グリーンを終えてからの移動をきびきびしておくとか、複数のクラブを常に持ち歩くことなどは最低限、守るようにしましょう。とにかくスロープレイは悪いスコアよりも罪悪だと考えておくべきです。こういったところに気をつかえる方々だけが本当にゴルフというスポーツを楽しむ資格を持つことができるといえるのではないでしょうか。まずはラウンド前にゴルファーとしての心得をしっかり持ちましょう。

ゴルフのマナーについて|マナーの悪いプレイヤーにならないように注意しよう

その場になってみないと分からないようなゴルフのマナーをご紹介します。先ずはティーショットを曲げてしまって、隣のホールに打ってしまった際の対処法です。OBがない場合はフリーとなりますが、一目散にボールに向かうのは非常に危険です。

隣のホールの状況を確認しながら、プレイしている際には邪魔をしないで待ちます。一度セルフプレーをしている時にこのような状況になってしまい、プレイ中のおじさまにヒドく怒られてしまいました。

以降はしっかりと肝に銘じてプレーするように心掛けています。

次にセルフプレーで一番先にグリーンにオンした人は、他のプレイヤーのパターやショートアイアンを準備するという点です。私は会社の先輩と周ることが多いので、このアドバイスを多く頂きました。

初心者の人は自分のプレーで精一杯だとは思いますが、周りにも気を配りながらプレイする必要があります。そしてトラブルになりがちなのがプレーのスピードです。大体がスロープレーで後ろの組から文句を言われたり打ち込まれたりします。

このようなトラブルになるのは多くが年配のオジサマが多いです。友人と周ると下手な人間が多いので必然的にスロープレーになってしまい、私はヒヤヒヤしながらプレーしているのですが、何度かこのようなトラブルに見舞われました。

こちらが悪いのだと言い聞かせて受け流すように気を付けています。

最後は声に関するマナーです。プロでもプレー中は音を出さないというマナーがありますが、同じ組や違うホールから大きな声が聞こえてしまうとプレーに影響が出てしまいます。

声を大きく出したい場面でも冷静な状態でプレーするのが良いでしょうし、その冷静さが好スコアに繋がる要因となります。