ゴルフのマナーについて|マナーの悪いプレイヤーにならないように注意しよう

その場になってみないと分からないようなゴルフのマナーをご紹介します。先ずはティーショットを曲げてしまって、隣のホールに打ってしまった際の対処法です。OBがない場合はフリーとなりますが、一目散にボールに向かうのは非常に危険です。

隣のホールの状況を確認しながら、プレイしている際には邪魔をしないで待ちます。一度セルフプレーをしている時にこのような状況になってしまい、プレイ中のおじさまにヒドく怒られてしまいました。

以降はしっかりと肝に銘じてプレーするように心掛けています。

次にセルフプレーで一番先にグリーンにオンした人は、他のプレイヤーのパターやショートアイアンを準備するという点です。私は会社の先輩と周ることが多いので、このアドバイスを多く頂きました。

初心者の人は自分のプレーで精一杯だとは思いますが、周りにも気を配りながらプレイする必要があります。そしてトラブルになりがちなのがプレーのスピードです。大体がスロープレーで後ろの組から文句を言われたり打ち込まれたりします。

このようなトラブルになるのは多くが年配のオジサマが多いです。友人と周ると下手な人間が多いので必然的にスロープレーになってしまい、私はヒヤヒヤしながらプレーしているのですが、何度かこのようなトラブルに見舞われました。

こちらが悪いのだと言い聞かせて受け流すように気を付けています。

最後は声に関するマナーです。プロでもプレー中は音を出さないというマナーがありますが、同じ組や違うホールから大きな声が聞こえてしまうとプレーに影響が出てしまいます。

声を大きく出したい場面でも冷静な状態でプレーするのが良いでしょうし、その冷静さが好スコアに繋がる要因となります。