ゴルフのマナー順守について

ゴルフに関しては伝統的に紳士のスポーツということでマナーが大事なスポーツになっています。もちろん、ハワイやオーストラリアといったリゾート地でのプレイに関してはある程度融通が利いてもよいとは思いますが。もちろん、時代とともに少しずつこうしたマナーは変わっていく部分があってもいいと思います。しかし、間違いなく変わってはならないものがあります。例えば、来場時のジャケット着用です。ゴルフ場の雰囲気を壊すことのない洋服できちんと来場することが何よりもポイントになります。ゴルフはプレイは別にしても異空間の楽しみといてある程度は敬意を払うスポーツであるべきなのです。次にラウンド時のマナーです。洋服に関しては前述のリゾート地でのプレイ以外は基本的なルールは守りましょう。これはたんン位マナーの問題だけではなく、危険を防ぐためという意味合いも込めてです。そして、ゴルフ場そのものをきれいに保つという意味もあります。グラウンドコンディションを常にベストに保ってくれるスタッフの方々の努力に報いるためにもグリーン上のディボット修正などは最低限直すようにしましょう。そして、後続の組などに迷惑をかけないこともスポーツマンとして最低限守るべきです。ですから、グリーンを終えてからの移動をきびきびしておくとか、複数のクラブを常に持ち歩くことなどは最低限、守るようにしましょう。とにかくスロープレイは悪いスコアよりも罪悪だと考えておくべきです。こういったところに気をつかえる方々だけが本当にゴルフというスポーツを楽しむ資格を持つことができるといえるのではないでしょうか。まずはラウンド前にゴルファーとしての心得をしっかり持ちましょう。